育毛サロンとクリニックで対策を

AGA治療

agaは着実に進行していくため、早めに対処して進行の遅延、現状維持をさせる必要があります。東京にはagaに悩みを抱える男性を対象にした育毛サロンが数多くあります。育毛サロンは今ある髪を増やすよりも、抜け毛を防いで現状維持させる目的が強いです。aga改善を希望する人は発毛、つまり髪を増やすことに重きを置いていますが、抜け毛を減らさないことには薄毛解消はありえません。ただしagaの進行が顕著であれば、抜け毛の防止に加えて発毛施術が必要となるため、育毛サロンよりもagaクリニックを検討してください。クリニックでは医学的根拠に基づいた薄毛治療を受けることができ、科学的な観点からアプローチしていきます。薄毛の原因となる血行不良、脱毛酵素の過剰分泌などを改善させることで発毛を促進します。

クリニックの施術が注目されるわけ

AGA治療

agaを東京で改善させるにあたり、確実性を求めるならaga治療に特化したクリニックを利用するのが得策です。育毛サロンは育毛、クリニックは発毛に特化しており、両者は似て非なる性質があります。サロンは頭皮環境を健全にして薄毛の進行、また将来の薄毛リスクを軽減するのが目的です。これに対してクリニックは、すでに薄くなった頭髪を強化し、薄毛になる前の状態まで復活させることが役割です。やや頭髪が減ってきたと感じる程度であればサロンでも問題ありませんが、明らかに年齢未満のボリュームまで減っているなら、クリニックで治療を受けましょう。最新の治療薬を使用した薬物療法により、年齢相応のボリュームを目指せます。

クリニックで要となる治療法は

AGA治療

東京には数多くのaga専門クリニックがありますが、治療内容には大きな違いはありません。血行を促進させる外用薬、そして脱毛要因となる脱毛酵素を抑制する内服薬を併用して治療します。症状がそれほど重度でなければ、1種類の治療薬だけで対処することもありますが、一般的には外用薬と内服薬を併用します。外用薬は毛根に活力を与えるので攻めの発毛と言われ、これに対して内服薬は原因自体に作用するので守りの発毛と呼ばれることが多いです。薬物療法は長期化することが多く、6か月~数年くらいの期間になるのが一般的です。育毛に役立つ方法は数多くありますが、発毛に関しては選択肢が非常に限られてきます。第一類医薬品の発毛剤を使用する方法、agaクリニックで治療を受ける方法の2種類しかありません。内服薬はドラッグストアや薬局では購入できないため、脱毛酵素を抑制する治療法を受けるためには必ずクリニックに行く必要があります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中